>

損をしないためのリサイクル方法提案サイト

どこに依頼するべきか

この記事をシェアする

遺品整理業者とリサイクルショップの違い

遺品整理を目的とした場合、通常の不要になったものを売るリサイクルとは少々異なります。
遺品整理業者とリサイクルショップではそれぞれにメリットがあるため特徴を見ていきましょう。
遺品整理業者の最大の特徴は、遺品整理における「仕分け、処分、買取、掃除」を一気通貫で行ってくれるところです。
賃貸の場合、家賃や部屋の明け渡しの関係から急いで行う必要があり、遠方で現地に出向いて遺品整理が難しい場合などには大きなメリットがあります。
一方でリサイクルショップは、再利用できるものの買取のみで、処分や回収まで行っていないところがほとんどです。
遺品整理を急がない方は、法事や各種手続き、故人の死をゆっくり悲しんでからタイミングをみて、親族と話し合いながら進めていくとよいでしょう。
自己判断で行うと、後から処分やリサイクルしなければよかったと後悔したり、トラブルにもなりかねませんので注意しましょう。

業者選びのコツと方法

リサイクル品が出た際、どこにお願いしたらよいか迷います。
できれば、買取価格が高く、自分にとって最善となる提案をしてくれる業者にお願いしたいものです。
まずは、どんなことをお願いしたいかをリストアップしてみましょう。
単品リサイクルではなく、遺品整理となると必要品と不用品の仕分け、不用品の処分、清掃、消臭、家電取り外し、リフォームとやらなければならないことがたくさんあります。
遺品の中に、大型家具や家電製品が多い場合は、おそらく大半は再利用できず処分が必要なものとなるため、買取店ではなく片づけ業者に依頼するのがオススメです。
遺品整理が済み、必要品が残ったところで買取店にお願いすると、故人の遺品を正しい価値で買い取ってもらえたり、有効な再利用ができれば、故人の供養にもなることでしょう。
買取を依頼する場合は、必ず複数社に見積もりをお願いし、サービス内容や価格を確認した上で、慎重に決めましょう。